掲載日:2020/08/04  更新:2020/08/13

企業・トレーナー・インストラクターのオンライン配信で活躍!オンラインとオフラインを繋ぐ予約決済サイト

企業もフリーランスも低価格で実現できる業務効率化と集客プラットフォーム

クービックを活用し、告知・予約の受付・集客・決済を管理。様々な決済サイトやアプリがありますが、受付には、オンラインレッスンの実績が多い予約決済サイトを使用するのが業務効率UPにも最適!予約ページはHPとしても活用できるうえに、予約完了メールの送信・顧客管理などの機能も備わっている。予約サイト自体の集客サポートも受けられるので、効率的に集客できる点も嬉しいポイント。

『ルネサンス』や『セントラルスポーツ』、『オーガニックライフTOKYO』など、この新コ禍の間に多くの企業やイベント主催者、インストラクターらが、オンラインLIVEレッスンを提供し始めた。その裏側を支えるのが、クービック株式会社(以下、ク―ビック)のサービスだ。同社は、検索・予約・決済などをワンストップで行えるサイト「Coubic (クービック)」をはじめとする各種インターネットサービスを手がける。同社代表取締役倉岡寛氏は7年前に同社を起業したが、それまではGoogleに勤務し、検索まわりのシステムを担当していた。それだけに、予約システムだけではなく、GAFAと呼ばれる企業がつくるサイトなどと連携するなどしてネット上で事業者のサイトに集客を促す手法にも通じ、そうしたサポートも提供している。また、クービックが提供するサイトを利用したユーザーが残すクチコミ情報などを活用して、さらなる集客や既存ユーザーの満足~定着~新規顧客の紹介につなげるサポートも行っている。postコロナでは、インターネットを活用したフィットネスサービスが普及し、フィットネス事業者もDX(デジタル・トランスフォーメーション)、CX(コーポレート・トランスフォーメーション)を余儀なくされるなかで、こうしたオンラインサービスのプラットフォームを活用する事業者は規模の大小を問わずに増えることだろう。

「クービックが提供できる価値は、業務効率化と集客です。システムを使う際に、登録作業や決済連絡などの作業や時間を自動化・最小化し、本業に時間を費やしてほしいと考え、常に利用者が効率的に運用できる仕組みを構築しています。6月初旬にリリースしたZoom連携機能は、Zoom連携設定をしたうえでユーザーが予約を完了すると、管理者が何もしなくてもURLが自動送信されるというもの。オンラインレッスン時に手動で登録していた運用負荷がぐっと減り、利用者から喜ばれている機能のひとつです。また、集客サポートとしてGoogleから直接、予約ができるようにもしており、今後も他社と連携して集客支援を拡大していく予定です」

予約決済サイト クービック

 postコロナ時代を見据えて、事業者が今からもつべきマインドセットやクービックの今後の方向性について、寺門さんはこう話す。
「オンラインの普及により物理的な制約がなくなり、全世界のイベントやレッスンに参加できるのが当たり前になりました。オフラインだと、距離が弊害になり友人や家族に紹介しにくいことも多くありましたが、オンラインであれば紹介のハードルも低く、友人と同じレッスンにオンライン上で参加できる新しい楽しみを共感することも可能です。こうしたオンラインのメリットをオフラインの補填として活用することで、リアルで集客できない層へのアプローチも実現可能に。オフライン・オンラインの垣根がなくなりつつある今だからこそ、利用者がオフライン・オンラインのどちらか選択できるような環境を構築していくことが、事業者には必要だと考えています。この中でクービックは、他社連携を強化し、消費者が見つけやすく予約しやすい導線を複数用意することで、更なる集客サポートを実現していきます」

 これまでリアル店舗だけで取り組んできた既存事業者でさえ、オンラインを採り入れ、カスタマーセントリックな視点から提供サービスをリデザインして、それぞれのお客さまごとに最適化したサービスにしていくことで、フィットネスクラブはさらなる成長が可能になる。個人事業主としてのインストラクターやトレーナーも、高額な投資をしなくても、ク―ビックのようなサービスを低価格で活用でき、それがどんどん使いやすいものになっていく。1人で事業を始めたとしても、かつて以上に取り組みやすいものになるだろう。変化を恐れず、柔軟に対応していくクービックの今後の展開がますます楽しみだ。

6 件中 1-6

  • 1

新着

同じカテゴリの記事