掲載日:2020/09/10  更新:2020/09/10

リモートワーカーのフィットネス定着策【1】

<株式会社オークスベストフィットネス>
企業特性や、働く人の課題に合わせたプログラムとグループで達成目指すプログラムでオンラインレッスンの継続参加を促す

企業特性と働く人のニーズに合わせて カスタマイズ

 株式会社オークスベストフィットネス(以下、オークス)は、2020年4月から株式会社リクシルアドバンスドショールームなどリモートワークを進める企業と契約し、オンラインフィットネスを提供してきている。各企業の従業員満足度が高く、オンラインレッスンの提供方法も確立できつつある今、契約企業を増やす計画にあるという。
 オンラインレッスンが乱立する中で、着実に参加者の継続と満足度に繋げられている要因について、同プログラムを企画制作している同社の山形一利さんはこう話す。「オンラインレッスンは、企業さまからご相談を受けてスタートしました。リモートワークに移行した社員の方々に福利厚生として提供したいと、ほぼ同時に2社でスタートしましたが、2社ともに、接客業を中心とする女性の比率が高く、外出自粛やリモートで家を出ないことが多くなる中でも、企業イメージやブランドを体現する容姿端麗さを維持してほしいというニーズがあることも偶然共通していました。そこで、オンラインプログラムも、その視点でまず開発し、毎月、各企業のご担当者と相談して、人材開発的な視点と、従業員の方々の参加モチベーションの両方に配慮してプログラムを刷新してきています」
 具体的には、「ハイヒールを履いて、美しい姿勢を維持するワークアウト」「制服のスカートが似あう、ウェスト周りのワークアウト」など、仕事の場面に活きるエクササイズのコンセプトを打ち出すとともに、レッスンの間に自分で行える宿題も出すなどして、モチベーションと成果を引き出してきている。
 また、「立ち仕事が忙しく、昼食が食べられないまま接客に従事することで貧血になってしまう人も多い」という課題もあることに応えて、「貧血のホント~より良い明日へ~」と題した、貧血を予防する食生活セミナーなどもオンラインで実施。さらに、リモートワークが長期化する中での悩みとして、「太った」「疲れやすくなった」「姿勢が悪くなった」などの声が寄せられていることに応えて、2ヶ月間の「スタイルアップサマーキャンプ」を企画。社内モニターを募集し、10人程度のグループで励まし合いながら、かつ、一人ひとりの進捗をきめ細やかに指導者がフォローして、確実な参加継続と成果に繋げる取り
組みも進行している。

オンライン指導者ガイドラインで確実な体験価値を提供

 オークスでは、5月からは野球のクラブチームへのオンラインレッスン配信もスタートさせている。ここでも同様に、監督やコーチの要望に合わせてプログラムを開発している。ケガ予防のトレーニングとともに、「外出自粛でチームメンバーが集まれる機会が少ない中で、チームの連帯感も維持したい」との要望に応えて、zoomミーティングの機能を駆使して、チーム全員がビデオをオンにして参加してもらっている。トレーナーが一人ひとりにアドバイスしたり声がけするだけでなく、監督やコーチもzoomに入ってもらい、選手たちに声をかけてもらうなどの工夫もしている。
 またオークスでは、各種のオンラインレッスンで培ってきたノウハウを、本業のクラブ運営にも活かす取り組みもスタートしている。クラブが再開した今も、足が遠のきがちになっている中高齢層女性へのオンラインプログラムや、クラブメンバーの家族向けコンテンツ、およびオークスが立地する地域の方々や、自治体向けのサービスにも活かしていくことを計画している。
 山形さんは、オンラインレッスンでフィットネス市場を拡げるとともに、オンライン・オフラインともに、フィットネスへの参加継続に繋げるうえで、オンラインならではのコミュニケーション方法も研究し、指導者ガイドラインにまとめて、指導者の育成も同時に進めてきている。
 例えば、オンラインでは端末の種類や位置、運動中の姿勢などによって画像が見ずらいときもあることから、音声でもわかりやすく説明する必要があることや、画面に変化が少ないと参加者が退屈に感じてしまうことから、指導者は動きを見せるだけでなく画面に近づいたり、急にアップで登場するなど、変化をつけることもレッスンのキューイング同様に練習し、リハーサルをしたうえでレッスンに臨むこととしている。また、オンラインレッスン中にチャット機能でテキストを打つことが難しいことから、指導者の呼びかけに、参加者が手で大きく丸をつくって答えてもらうなど、画面上で全員が参加できるジェスチャーでのコミュニケーション機会を数分に1回入れるようにしているという。
 指導者の資格やプロフィールをオンラインで紹介しておくことも、参加者のモチベーションを高めるうえで効果的だという。クラブのレッスンではトレーナーやインストラクターの資格をアピールできる機会は少ないが、オンラインレッスンで、初めて運動指導を受ける参加者にとっては、「運動指導者としての資格をもっている人に教えて貰える」ということだけでも、高い価値が感じられることになる。
 こうした、オンラインでフィットネスを始める人への、きめ細やかな対応が、オークスのオンラインレッスンでの高い満足度と継続率に繋がっている。

6 件中 1-6

  • 1

新着

同じカテゴリの記事