掲載日:2021/02/11  更新:2021/02/11

ダンスのインストラクターになるには?資格が必要?

ダンスのインストラクターになるために必要な(必須とされている)資格は特にありません。資格よりも、ダンスの経験年数や大会やコンテストでの入賞実績等のキャリアのほか、オーディションを受け出演したミュージックビデオ、TVCM、映画、ミュージカル、音楽番組・ライブなどでのバックダンサー実績など、ダンサーとしての活動実績が、セールスポイントとなります。

カルチャーセンター

一般の方に広く様々なコンテンツを提供しているカルチャーセンターでも、ダンスレッスンは人気カテゴリーとなっています。参加者は中高齢の方である場合も多く、フラダンスや社交ダンスが人気となっています。レッスンの担当にあたっては、各カルチャーセンターにインストラクター側からコンタクトし、面談などを経て決まるパターンが多いようです。

サークル

スタジオやスポーツクラブ等でのレッスンを通じて特定のインストラクターのファンとなった参加者の方達により、サークル開催を求められ実現する場合もあります。インストラクター自身が場所の手配や参加者との連絡やフィーのやりとりなど取りまとめをするケースと、幹事がサークルを運営するケースの2パターンがあります。いずれにせよ、「この人のレッスンを受けたい」と熱望されるような魅力度の高いダンスインストラクターであることが、サークル活動実現には欠かせません。

学校、個別指導

平成24年度から全国の中学校でダンスが必修科目になったことでダンスインストラクターの方の活躍の場が増えています。学校では教員の方がダンス指導を学び現場に立つことがほとんどですが、ダンスが不得手な子供向けに、塾や個別指導のニーズも増えており、インストラクターの活躍の場も増えています。指導対象が中学生やキッズに寄り添うコミュニケーション能力も求められます。

まとめ

ダンスのインストラクターになるために必須の資格はありませんが、職業として活躍の場を確保するためには、各ジャンルのダンサーとしてのキャリアや実績も問われるのが大きなポイントです。指導現場に応じて求められるレッスンも、シンプルで難易度の高くないものから専門性の高い精緻なレッスンまでさまざまであることから、自身の得意なレッスンスタイルやダンスを伝えたい相手の層に応じて、レッスンの活躍の場を選択していくと良いでしょう。

28 件中 21-28

新着

同じカテゴリの記事