掲載日:2021/02/15  更新:2021/02/15

フィットネスの資格を簡単に取得!資格を活かした仕事もご紹介

フィットネス系の資格で、簡単に取得できるもの探している人もいるのではないでしょうか。

フィットネスに限らず、資格と聞くとその分野での専門的な知識が必要だと考えると思います。資格を持っていると、それを活かした職に就けたり、自分の強みにもなります。

では、そのような資格を簡単に取得することができるのか。結論を言うと、フィットネスの資格には比較的簡単に取得できるものもあります。

フィットネス系の資格で、簡単に取得できるもの探している人もいるのではないでしょうか。

フィットネスに限らず、資格と聞くとその分野での専門的な知識が必要だと考えると思います。資格を持っていると、それを活かした職に就けたり、自分の強みにもなります。

では、そのような資格を簡単に取得することができるのか。結論を言うと、フィットネスの資格には比較的簡単に取得できるものもあります。

その理由として、フィットネス系の資格の多くが民間資格だからです。国家資格など、養成学校や専門学校を卒業するといった条件がないものが多いです。

そこで今回は、フィットネス系の資格で簡単に取得できるものはどのようなものがあるのか。資格の取得方法や資格を活かした仕事についても解説していきます。フィットネス系の資格で簡単に取得できるものを知りたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

フィットネスの資格で簡単に取得できるものはあるのか

最初に述べたように、フィットネス系の資格には簡単に取得できるものもあります。

もちろん、全ての資格が簡単に取得できる訳ではありませんが、インストラクターなどの指導者の資格は国家資格ではありません。

そのため、多くの人はフィットネスの資格に挑戦することができます。

フィットネスの資格は必要なのか

簡単に取得できるものでも、資格は持っておいた方が良いのかと考えることもあると思います。

民間資格でも仕事に就く際には、特定の資格を持っていることを条件とする場合もあります。

特に、トレーナーなどの指導者の場合は、何も資格を持っていない人よりも、資格を持っている人のほうが信頼されるといったこともあります。

資格を持っていると、それを活かした仕事をすることもできるので、持っておいても損はないです。

フィットネスの資格はほとんどが民間資格

民間資格とは、民間の団体や企業が独自の審査基準を設け、任意で認定する資格です。

フィットネスの資格の多くが、この民間資格になります。

資格の有効度には差がありますが、資格を取得することが、知識や技術を証明し、お客様からの信頼につながることもあります。

専門的な知識と一定の条件が必要な資格

比較的簡単な資格では、講習を受ける場合や、筆記試験を行うものがあります。

しかし、中には年齢などの他に、受験資格に一定の条件があるものもあります。

・大学(4年以上)の卒業者
・体育短期大学または体育専修学校の卒業者
・運動指導や保健医療に関する資格を有する者

このように4年制の大学や、専門学校の卒業を受験資格にしているものもあります。

自分が取得したい資格の、受験資格をしっかりと確認しておくことが大事になります。

簡単に取得できるフィットネスの資格

大学や専門学校の卒業が、受験資格になっている場合は取得することが難しい場合もありますが、そういった条件がないものは、比較的簡単に取得することができます。 ここからは、比較的簡単に取得できるフィットネスの資格を紹介していきます。

講習を受けて取得できる資格

講習や講義を受けることによって取得できる資格になります。課題の提出や筆記試験がある場合もありますが、講習をしっかりと受けていれば十分に合格できるものです。

・トレーニング指導士
・スポーツ指導者

上記の2つは、講習を聞くことによって取得できる資格になります。

トレーニング指導士は、正しいトレーニングの普及や体力づくりを行います。満20才以上の男女で、トレーニング指導を行っている方や、指導者を目指している人も受講することができます。

スポーツ指導者は、スポーツを安全に正しく指導できるように知識と技術を取得します。40時間の講座と、35時間の通信講座で取得することが可能です。

筆記試験と実技が必要な資格

筆記試験や実技が必要な資格には以下のようなものがあります。

・NESTA-PFT
・JATI-ATI
・NSCA-CPT
・水泳指導管理士

NESTA-PFT、JATI-ATI、NSCA-CPTは、パーソナルトレーナーの資格で、中でもメジャーな3つになります。テキスト代や試験料が少し高額になってしまいますが、独学での取得も十分可能です。

水泳指導管理士は、水泳指導や安全に水泳を行うための資格です。受験資格は満20歳以上で、筆記と水泳の実技試験があります。

このように、筆記試験や実技の試験が必要な資格もあります。受験資格は基本的に年齢のみになるので、しっかりと準備を行えば難しくないない資格になります。

検定の勉強方法

フィットネスの資格を取得したいと考えていて、筆記試験がある場合は、どのように勉強をしたらよいのか。

今回は比較的に簡単に取得できる資格になりますが、事前の準備は必要になります。

資格によっても、難易度は変わってきますが、基本的な勉強方法は以下のようになります。

・講習会に参加する
・テキストを購入し独学で勉強する
・専門学校に通う

無料で学んでいきたい場合には、協会が主催する講習会に参加して勉強することをおすすめします。パーソナルトレーナーの資格などは、独学でも十分取得できますが、専門学校やスクールに通うのも1つの方法になります。その後の就職活動にも役立つこともあります。

フィットネスの資格を活かせる仕事

簡単に取得できる資格でも、仕事に活かせるものもあります。

資格を持っていることで、新たな分野の仕事に挑戦したり、今の仕事をステップアップすることもできます。

28 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事