掲載日:2021/03/19  更新:2021/03/20

インストラクターを目指している方必見!!ヨガの資格と種類について

コロナ禍による巣ごもり時間に運動不足解消として、オンラインで簡単にできる環境が拍車をかけより身近に心地よい生活スタイルの一環としてヨガを取り入れる人が増えています。
趣味が興じてヨガインストラクターを目指す人も増加している中で、ヨガの資格と種類は大変多くどれを受けたらいいのか分からないという方も多いようです。今回はヨガの資格と種類について簡単にご紹介します。

どのようなヨガの資格と種類があるのでしょう。いくつかご紹介します

ヨガを趣味にしている人、仕事にしたいと考えている人も少なくはありません。ヨガは国家資格ではないため、沢山の流派や協会ごとでコースが開講されており、ぞれぞれが発行するディプロマ(資格証)が資格とされています。
ここではよく知られている一般的で人気なヨガの種類と資格、国内ヨガ団体や流派ごとのヨガ資格についてご紹介します。
・全米ヨガアライアンス
・インド中央政府公認ヨガインストラクター資格
・アイアンガーヨガ
・アシュタンガヨガ
・クリパルヨガ
・シヴァナンダヨガ
・一般社団法人全日本ヨガ協会

全米ヨガアライアンスについて

ヨガインストラクターを目指す時、最も知名度の高い資格で全米ヨガアライアンス(RYT)は世界最大規模のヨガ団体「全米ヨガアライアンス協会」が発行している国際ライセンスです。全米ヨガアライアンスは認定校として登録されたスクールが指定するヨガインストラクター養成コースを修了後に登録される流れで発行されます。この協会が認定する資格の種類は時間数や流派により様々です。
・RYT200時間
・RYT500時間
・ERYT200時間
・ERYT500時間
・全米ヨガアライアンス認定マタニティヨガ
・全米ヨガアライアンス認定キッズヨガ
尚、ERYTとは全米ヨガアライアンス(RYT)を育成することができる資格であり全米ヨガアライアンス認定上級資格と呼ばれます。

インド中央政府公認ヨガインストラクターについて

全米ヨガアライアンスに並んで世界的なヨガ資格のひとつ。インド中央政府はインド国内においていくつかのヨガインストラクター養成機関を認定しています。そこで取得できるのがインド中央政府公認ヨガインストラクターです。日本でも数少ないですが養成講座を開催しています。ただしインド中央政府公認資格は比較的に厳しい条件設定があり誰でもとれるものではないのが特長。資格の有効期限が3年なので常に技術を高める必要もあります。ヨガを極めたいかたにお勧めの資格と言えます。

国内ヨガ団体のヨガ資格について

ヨガの資格を目指し始めた方に一番多く見られ「ヨガ資格の種類が多すぎてわからない」という声をよく聞きますが、国内ヨガ団体には沢山の資格があるからです。
・国際ホリスティックセラピー協会(IHTA)のヨガインストラクター1級・2級
・一般社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)ヨガインストラクター
・社団法人全日本ヨガ協会(AJYA)ヨガインストラクター
・J-YOGA認定インストラクター資格
まだまだ細かく言い出すとキリがないほどありますがRYT200と比較すると大きく違う点はどこでも共通する資格ではないことが上げられます。しかし、レッスンをする上では十分にインストラクターとして活躍できる知識と技術を学び仕事に結びつけることができます。早く資格を取得し実務として生かしていきたい方にはお勧めの資格です。

流派ごとのヨガ認定資格について

ヨガの主流となっているハタヨガのインストラクターだけでなくそれぞれの流派に応じたヨガインストラクターの資格もあり日々増え続けているため全てをご紹介しきれないのですが、ここ最近はエアリアルヨガインストラクターやシニアヨガインストラクター、キッズヨガインストラクターなど様々な世代のニーズのある特色ある資格が出てきています。

自分のヨガ資格と種類を選ぶにあたって

ヨガの資格には様々な協会、流派などでコースが開講されておりどの資格を取得すればいいのか悩みますよね。将来的にどういうことをしたいのかをイメージしながら資格を選んでみるといいかもしれません。

働く場所や時期などをイメージして資格を取得する

RYTはどこのヨガスタジオでも働きやすい資格です。様々なスタジオで幅広く活躍されたい方にはお勧めと言えるでしょう。また今すぐ資格をとって働きたい方、スタジオや開講予定が決まっているのであれば国内ヨガ団体の資格が短期間で取得できて良いかもしれません。

通学スタイルとオンラインスタイルを選ぶ

コロナ禍によりこれまで通学のみでしか受講できなかった講座もオンラインで学べるようになりました。一部にはまだ開講ができないものや期限つきのものもありますが、働きながら転職を考えている方や、副業の一つとしてはもちろんまだ小さなお子さんがいる方でも平等に受講なオンライン受講はとても魅力的です。通学スクールにおいては受講クラスによって手厚い技術サポートなでもあり大変充実しています。自分の生活スタイルに併せて無理のない範囲で通えるものを見つけてみましょう。

ヨガのインストラクターに資格は必要でしょうか?

ヨガインストラクターになるには絶対に資格が必要というわけではありませんが、持っていたほうが断然良いと考えられます。ヨガインストラクターは年々増えており大勢いるインストラクターの中で信頼を得て仕事を繋げるためにもヨガの資格がないよりはあるほうが良いです。ヨガインストラクターの増加により資格を持っていてもなかなか活躍ができない状況でもあることもあり一つでも多くのヨガができたり、資格をもっていると採用に繋がりやすいことも上げられます。そもそも資格を持っていないとオーディションにも参加できないスタジオもあるため、やはり資格は取得する方が良いでしょう。

まとめ

21 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事