掲載日:2021年06月14日  更新:2022年03月27日

NEW

健康運動指導士の資格を更新するにはどうしたらいい?

様々な人の健康を運動でサポートするために、健康運動指導士を取得した人は多いと思います。健康運動指導士は、資格の有効期間があり、「更新しなきゃいけない」と焦っている人も数多く存在します。
今回は、そういった方向けに「健康運動指導士の資格はどうやって更新するの」や「健康運動指導士としてステップアップするのはどうすればいい」といった疑問にお答えしたいと思います。

健康運動指導士の資格は更新したほうがいいの

健康運動指導士の資格は、基本的に更新したほうがいいと思います。健康運動指導士の資格がいらないのであれば、資格を更新する必要はありません。更新しないと健康運動指導士として活動することはできません。一度更新をしないと、また資格試験に合格しないといけなくなってしまいます。そうならない為にも資格を更新しましょう。
また、現在は健康運動指導士の資格はいらないと思っている方も多いかもしれませんが、そういった方も更新した方がいいと思います。

今後より大事になっていく資格

健康運動指導士は、今後より大事になっていく資格です。なぜなら、日本は少子高齢化が進んでおり、今後さらに医療費が膨れ上がる可能性が高いからです。
健康運動指導士は、様々な人の健康を運動でサポートします。運動で予防・改善できる疾患は生活習慣病です。生活習慣病は、メタボリックシンドロームやロコモティブシンドロームなどです。生活習慣病で1年間かかっている医療費は年間1兆円と言われています。
日本は、少子高齢化が進みさらにこれが増えていく可能性が高いです。健康運動指導士は、運動で健康をサポートするので、この医療費をどんどん削減することができる可能性が高い職業です。
また、一般の方の健康志向が高まりフィットネス業界は成長していっています。健康運動指導士は、日本のフィットネストレーナー関係の資格で取得が難しい方です、そのため、フィットネス業界でも採用されやすい資格です。
このような理由から、現在健康運動指導士の資格が必要ないと思っていても資格を更新した方がいいと思います。

健康運動指導士の資格更新には単位が必要

健康運動指導士の資格更新方法は、講習会に参加して単位を取得します。そして必要単位数を取得すると資格更新することができます。
資格の有効期間は5年間となっておりますが、その期間に講習会に参加し20単位取得しましょう。資格更新に必要な講習会は、必修講座と専門講座の2つがあります。

必修講座

必修講座の内容は、3つあります。1つ目は、「健康日本21(第二次)」を中心とする国の施策の現状及び健康運動指導士の役割を90分学びます。この講座は、健康運動指導士の大事な役割を確認するとても大事な講座です。
2つ目は、健康寿命延伸のためのサルコペニア・フレイル対策を120分学びます。健康寿命とは、病気などで寝たきりにならず心身両方自立しており、健康的に生活できる期間のことをいいます。平均寿命は、病気など関係なく亡くなるまでの期間をいいます。健康寿命と平均寿命の差は、約10年近くあります。健康寿命を長くし、平均寿命の差を短くすることが健康運動指導士の大事な仕事です。そのため、健康寿命を伸ばすための講座をうけます。
3つ目は、健康運動指導士に必要な疾患別ガイドラインの知識を90分学びます。健康運動指導士は、様々な疾患を持った方をサポートするため疾患の知識が必要です。そのために必要な知識を学びます。
この必修講座は更新のために必ず受けないといけません。

専門講座

専門講座は、健康運動指導士の知識や技術を深めることができる講座です。様々な講座があり、椅子を使ったエクササイズやエアロビックダンスなどがあります。自分が学びたい講座に参加して単位を取得しましょう。

健康運動指導士の資格以外にも資格を取得しよう

健康運動指導士としてさらにステップアップするためには。健康運動指導士以外の資格を取得しましょう。ステップアップするためには、新たな資格を取得することで仕事の幅が広がっていきます。また、資格取得する際に勉強をするので、知識も深めていくことが可能です。
今回は、ステップアップするためにおすすめの資格を紹介したいと思います。

NSCA-CSCS

NSCAという全米ストレングス&コンディショニング協会の略称でCSCSという資格を発行しています。CSCSは、ストレングス&コンディショニングスペシャリストという資格です。この資格はトレーニング関係の資格ですが、トレーニング関係の資格の中でもかなり有名な資格です。
この資格取得した方は、トップチームでトレーニングコーチとして活躍している方も多くいます。健康運動指導士がこの資格を取得することで、アスリートの方に指導することができるようになります。自分の仕事の幅がどんどん広がっていきます。

NASM-PES

NASMーPESは、全米スポーツ医学協会が発行する資格です。この協会は、理学療法士が設立した協会です。
PESの特徴は、「OPTモデル」というNASM独自のトレーニングシステムを学ぶことができます。このシステムなどを理解し人のカラダの本来の使い方や傷害予防なども学ぶ事で、健康運動指導士としてステップアップすることが可能です。
オンラインで学ぶことができるので、自宅で学習することが可能です。また試験も自宅でオンラインで行うことができるので、全て自宅で完了することができます。
そのため、仕事が忙しい健康運動指導士を取得しやすい資格だと思います。

まとめ

・健康運動指導士の資格は更新した方がいい
 ・失効してしまうともう一度試験を受け合格しないといけない
 ・今は健康運動指導士の資格を必要としていなくても今後の日本にとても大事な資格だから
・健康運動指導士の資格更新方法は、講習会を受講し必要な単位を獲得する
・講習会の種類は2つある
 ・必修講座
 ・専門講座
・健康運動指導士として、ステップアップするのであれば、他の資格を取得するのがおすすめ
 ・NSCA-CSCS
・NASM-PES

ここまで読んでくださり、有難うございます。健康運動指導士はとても魅力のある資格です。日本のトレーニング関係の資格ではかなり有名な資格となっており、フィットネスクラブが取得者を採用したいと思っています。そのため、今働いてる所を退職しても次の職場に困らない可能性が高いです。
また、一度失効してしまえば資格試験に合格しないともう一度資格を取得する事が出来ません。しかし、資格更新であれば試験などはなく講習会に参加し必要な単位を取得すれば問題ありません。そのため、健康運動指導士の資格は更新した方がいいと思います。
ステップアップのために、別の資格を取得してトレーナーとしての腕を高め仕事の幅を広げていく事がおすすめです。
健康運動指導士の資格を更新し、今日紹介した資格を取得し更にトレーナーとしてレベルアップしましょう。応援しています。

20 件中 1-20

  • 1

新着

同じカテゴリの記事