掲載日:2021年06月14日  更新:2021年06月14日

NEW

理学療法士が他にも取得するといい資格は?オススメ資格まとめ

理学療法士の資格をお持ちの方で、ご自身のスキルアップやキャリアアップのためにも他にも資格を取得しようと思っている方もいるのではないでしょうか。

当記事では、理学療法士の方が他にも取得しておいたほうがいい資格や、他のシカを取得したほうがいい理由についてまとめています。

ぜひ参考にしてみてください。

理学療法士が他に取得するとスキルアップできるオススメ資格

理学療法士の資格をお持ちの方が取得しておくとスキルアップやキャリアップに役立つ資格を紹介します。

認定理学療法士

認定理学療法士の資格では、高い臨床技術や知識の維持や向上、理学療法の発展に貢献できる研究能力が求められ、日本理学療法士協会が定める7つの専門分野から1つ以上を選択肢、その分野のスペシャリストになります。
専門性の高い知識を身につけることにより、ご自身スキルアップはもちろんのこと、キャリアアップや転職時に有利になることがあります。

専門理学療法士

専門理学理学療法士は、任手理学療法士同様7つの専門分野から1つ以上を選択し、高い学術的知識を身につけることが求められる資格です。
選択した分野に特化していることにより、専門的な知識を持っているので、他の理学療法士とも差別化を図ることもできます。

専門理学療法士は認定理学療法士の上位の資格となっておりますので、認定理学療法士の資格を取得できた方は、専門理学療法士の資格も目指していきましょう。

心臓リハビリテーション指導士

循環器疾患の治療や再発予防に役立つ資格となっています。

心臓リハビリテーション指導士は、心疾患のある方への運動指導だけではなく、栄養管理や生活習慣の指導もできるようになります。

理学療法士としてリハビリの幅を広げていきたい方には、オススメの資格です。

呼吸療法認定士

呼吸療法認定士は医療に従事している全ての職業の方へ呼吸療法を教えること、呼吸の管理をする医療チームのレベルを向上するのを目的としている資格です。

人工呼吸器などを必要とする患者様さんへ、正しい呼吸を身につけさせることも指導します。

資格取得している方も少ないため、需要がある資格でもあり転職などを考える際に、呼吸管理関係の仕事では有利に働くことがあります。

栄養サポートチーム専門療法士

栄養サポートチーム療法士は、管理栄養士をはじめとしたそれぞれの専門性の高い職業の人たちが集まり、連携を取りながら最善の栄養指導を行っていきます。

理学療法士としてのリハビリだけでなく、栄養指導の観点からも指導を行えるようになることが特徴的です。

認知症ケア専門士

認知症ケア専門士は、認知症を患っている患者さんにたいし、認知症に対する知識と専門技術を身につけ指導をしていく資格です。

高齢化が進んでいる日本では、年配の方のリハビリに合わせ、認知症ケアもできることにより仕事の幅を広げることができます。

日本の将来性を考えると、理学療法士と認知症ケア専門士の両方の資格を取得していることは強みになっていくと思います。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターは、バリアフリーな環境が必要な方への住宅設備のアドバイスをすることができるようになります。

バリアフリーの住宅に住むことを目的としている方には、理学療法士としてのリハビリの観点が生き、どのようなことに障害が生まれるかを適切にアドバイスをすることができます。

住む家にアドバイスをできるようになりますので、患者さんに快適な生活を提供できるようになっていきます。

日本糖尿病療養指導士

日本糖尿病療養指導士の資格を取得することにより、糖尿病患者へのもっとも重要な自己管理を指導できるようになります。

糖尿病患者は年々増えてきており、透析が必要な患者が増えてきています。

まだ全国で理学療法士と日本糖尿病療養指導士の両方の資格を取得している人が少ないため、需要が多く見込まれている状態です。

義肢装具士

27 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事