掲載日:2021年06月14日  更新:2021年06月14日

NEW

【徹底解説】加圧トレーニングに資格はなしでもいい?

「加圧トレーニングを指導するトレーナーになりたいけど、資格はなしでも大丈夫。」と悩んでいませんか。
今回は、「加圧トレーニング指導には、資格が必要なの。」や「加圧トレーニングのメリットってなに。」といった疑問にお答えしたいと思います。
この記事を最後まで読めば、加圧トレーニングの指導の疑問がなくなります。
では、早速解説していきます。

加圧トレーニングを指導するには、資格はなしでもOK?

加圧トレーニングを指導するには、必ず資格を取得しないといけません。
筋力トレーニングやストレッチを指導するのには、資格はなくても問題ありません。
そのため、パーソナルトレーナーやフィットネストレーナーで資格を取得していない人も多くいます。
加圧トレーニングは、腕の付け根、脚の付け根に専門のベルトを巻き、血流を制限します。
血流を制限することは、非常に危険なことなので、資格を取得したトレーナーが指導を行わないと安全に行えません。
そのため、加圧トレーニングの指導には資格が必須です。

民間資格を取得しないといけない

加圧トレーニングの資格は、国家資格ではなく民間資格しかありません。
そのため、加圧トレーニングを指導するには、加圧トレーニングの民間資格を取得しましょう。
また、加圧トレーニングの資格を取得することで、加圧トレーニングというものを理解することができます。
そして、より安全に、より効果的に指導することができるようになります。

加圧トレーニングの指導は資格なしではダメ!取得すべき資格

では、ここからは加圧トレーニングの指導するためにはどんな資格を取得するべきか解説していきたいと思います。
加圧トレーニングの資格は3つあります。しかし、3つの資格を全て取得しなくても大丈夫です。自分が取得したいと思った資格を取得しましょう。

加圧インストラクター

加圧インストラクターは、加圧トレーニングの資格の中で1番ベーシックな資格です。
この資格を取得した場合、取り扱い資格を得た加圧トレーニング器具を使って加圧トレーニングの指導ができるようになります。
「取り扱いを得た加圧トレーニング器具」というのがよく分からないと思います。
加圧トレーニングの器具は複数あります。
その器具は、「加圧マスター」、「加圧マスターミニ」、「KAATSUウェルエイジングベルト指導用」、「KAATSU MASTER」「KAATSU NANO(FDA認可)」の6種類あります。
つまり、この6種類の中から自分で使う器具を選んで資格を取得します。
その選んだ加圧器具のみ使用して指導する事が可能となります。

加圧スペシャルインストラクター

加圧スペシャルインストラクターは、加圧トレーニング指導の上級資格になります。
この資格を得ると、加圧トレーニングを新規に取得しようとしている人の実技講習の実施者として、講習を行うことができます。また、資格を持った人向けの勉強会の講師を行うこともできます。

つまり、加圧トレーニングの新規取得者や、もっと加圧トレーニングについて知りたいといった人の先生として活動することができる資格です。

KAATSUサイクルインストラクタ-

この資格取得者は、KAATSU CYCLEという加圧トレーニング器具のみを扱った加圧トレーニングを指導することができる資格です。
また、この資格を取得すると、KAATSU CYCLEを一般の方に販売することもできます。

加圧トレーニングの資格なしでは分からない加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニングは、モデルの人やアスリートも行っているトレーニングです。
このような人が行うので、加圧トレーニングには凄いメリットがあります。
このメリットを知ることで、加圧トレーニングの指導者としてお客様に加圧トレーニングに魅力を伝えることができます。

筋肥大しやすい

加圧トレーニングは、成長ホルモンが大量に分泌されます。
筋力トレーニングでも成長ホルモンが分泌されますが、加圧トレーニングは比べられないくらいの量が分泌されます。
加圧トレーニングのメリットのほとんどがこの成長ホルモンが関係しています。
成長ホルモンは、筋肉を大きくする作用があります。
そのため、加圧トレーニングをすると筋肉が大きくなりやすいです。

美容効果が大きい

夜更かしには、肌に悪いと聞いたことはあると思います。それは、寝ている時に成長ホルモンが分泌されるからです。成長ホルモンは、皮膚の新陳代謝を促すので、夜更かししてしまうと成長ホルモンが分泌されずに、肌の新陳代謝が上手くできないからです。
加圧トレーニングは成長ホルモンが大量に分泌されるので、肌にとてもいいトレーニングです。
美容外科でも、成長ホルモンの注射という施術があるくらいです。

少ない負荷でも効果が出る

25 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事