掲載日:2021年06月14日  更新:2021年06月14日

NEW

加圧トレーニングの資格は高い?取得した方がいい?

今回は、「加圧トレーニングの指導者になるためには資格が必要なの。」や「加圧トレーニングの資格取得費用は高いの。」といった疑問にお答えしたいと思います。
では、早速解説していきます。

加圧トレーニングの資格は高いの?

加圧トレーニングの資格には様々あります。そのなかの加圧インストラクターという資格取得費用は、40万円〜45万円程度の費用がかかってきます。
初めて資格取得する人からするとこの金額は高いのか安いのか判断するのは難しいです。

様々なトレーニング系の資格と比べてみると価格が高いか分かる

加圧トレーニングの資格取得にかかる費用が高いのか安いのかは比べてみないと分かりません。加圧トレーニングの資格はトレーニング系の資格の1つです。そのため、トレーニング系の資格と比べると加圧トレーニングの資格取得費用が高いのか安いのか判断することができます。
NASM-PESという資格は、13万円程度費用がかかります。NSCA-CSCSという資格は、試験を受けるために5万円程度、また会員にならないといけないため1万3000円程度費用がかかってきます。この2つの資格と比べるとやはり加圧トレーニングの資格取得費用は高いと言えるでしょう。

加圧トレーニングの資格が高いメリットは?

資格取得費用が高いというのはデメリットと思いがちですが、メリットもあります。そのため、費用が高い事で落ち込む必要はありません。どんなメリットがあるのか詳しく解説していきます。

簡単に資格取得できない

費用が高いということは誰でも簡単に取得する事ができないということです。加圧トレーニングの指導を行うためには資格を必ず取得しないといけません。資格がない人が加圧トレーニングを指導することはできません。
加圧トレーニングの資格を取得する人が少なければ加圧トレーニングを行えるジムも少ないということになります。加圧トレーニングを行っているジムが少なければ、ライバルが少ないので差別化をせずにすみます。
差別化の多くは価格設定にする事が多く、加圧トレーニングの1セッションの価格を下げていきます。そうなると、どうしても収入が少なくなってしまう可能性があります。
加圧トレーニングの場合、簡単に資格取得が出来ないので、ライバルが少なく価格競争になる可能性は低いです。これは大きなメリットと言えるでしょう。

自分の大きな武器になる

先ほど書かせてもらったように、加圧トレーニングは資格取得者でないと指導することはできません。パーソナルトレーニングは資格がなくても指導する事ができるため、たくさんのパーソナルトレーナーがいます。そのため、お客様がパーソナルトレーナーを探しているときは、たくさんの人から選ぶ事ができます。加圧トレーニングは、指導できるトレーナーが少ないのでお客様が加圧トレーニングをしたいと思い探した時選択肢は少ないです。
そのため、加圧トレーニングの資格を取得したあなたを選んでくれる可能性が高いです。また、「パーソナルトレーナーであればこの人」となりにくいですが、加圧トレーニングの資格があれば「この人といえば加圧トレーニング」となり、大きな武器を得ることができるというメリットがあります。

加圧トレーニングの資格が高いデメリットは?

もちろん加圧トレーニングの資格取得のデメリットは存在します。実際メリットとデメリットを天秤にかけ、加圧トレーニングの資格を取得するかどうか判断したほうがいいです。そのため、次に加圧トレーニングの資格取得のデメリットについて解説させてもらいます。


お金がかかり、気軽に取得することはできない

加圧トレーニング資格取得のデメリットは費用が高いそれだけです。この費用が高いという事で気軽に資格取得を目指せないようになっています。そのため、現在金銭面で苦労している人にとっては加圧トレーニングの資格取得は難しいものとなってしまいます。

加圧トレーニングの資格費用は高くても、加圧トレーニングのメリットが大きい

加圧トレーニングには、素晴らしい効果がいくつもあります。これから加圧トレーニングのメリットについて詳しく解説していきますが、普通のトレーニングを行うよりも加圧トレーニングをしたいと思う理由が分かると思います。


成長ホルモンが大量分泌される

加圧トレーニングは、普通のトレーニングよりも成長ホルモンが約200倍分泌されます。加圧トレーニングの凄い効果はほとんどこの成長ホルモンの大量分泌によって起こります。
加圧トレーニングは、四肢の付け根にベルトを巻き血流を制限して通常の筋力トレーニングを行います。この事により成長ホルモンが大量分泌されます。

筋肉が大きくなりやすくなる

25 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事