掲載日:2021年11月14日  更新:2021年11月21日

NEW

メディカルトレーナーとは?選手のパフォーマンス向上を支えるスポーツトレーナーの資格

スポーツトレーナーなどスポーツに関わる仕事や資格に興味はあるけど、具体的な内容についてよく分からない方も多いと思います。
今回はメディカルトレーナーも含めたスポーツトレーナーに関連した仕事や必要な資格について紹介します。

メディカルトーナーは、スポーツトレーナーの分類の1つで、ケガをしたスポーツ選手がなるべく早く競技の現場に復帰できるように治療やリハビリをしています。
スポーツトレーナーなどスポーツに関わる仕事や資格に興味はあるけど、具体的な内容についてよく分からない方も多いと思います。
今回はメディカルトレーナーも含めたスポーツトレーナーに関連した仕事や必要な資格について紹介します。

スポーツトレーナーの資格の種類とメディカルトレーナーになる方法とは?

スポーツトレーナーは取得している資格の種類や得意分野に違いがあり、担っている役割にもいくつかの種類があります。その中でもケガをした選手が競技に復帰するための治療など医療面でのサポートをしているのがメディカルトレーナーです。
メディカルトレーナーは、治療の側面が強いため、他のスポーツトレーナーと比較しても専門的な知識や技術が要求されることが多い職種になります。

スポーツトレーナーの種類

スポーツトレーナーはスポーツ選手が実力を発揮できるサポートをする仕事であり、大きく分けて以下の5つの種類があります。
・アスレチックトレーナー:選手が練習や試合でケガをしたときに応急処置をしたり、予防のためのケアをすることアスレチックトレーナーの役割です。
・メディカルトレーナー:ケガからの復帰をサポートすることが主な役割であり、医療面からのサポートをしています。
・ストレングストレーナー:ストレングストレーナーはトレーニングメニュー作成や強化方法を指導し、選手の体力や身体機能の向上を担っています。
・コンディショニングトレーナー:パフォーマンスを引き出すためのアドバイスやメンタルケアをして、選手のコンディショニングを常に高い状態に保つことがコンディショニングトレーナーの役割です。
・フィットネストレーナー:フィットネスクラブやジムに通っている人を対象としていて、器具の使い方やトレーニング方法などを指導しています。

メディカルトレーナーの役割

メディカルトレーナーの役割は、ケガをしたスポーツ選手が競技現場に復帰できるように医療面からサポートをすることです。負傷が理由で現場から離れたスポーツ選手は医師からの治療を受けてもすぐに復帰することは難しく、リハビリや筋力トレーニングでの回復が必要になります。
メディカルトレーナーはケガの修復や休んでいる間に低下した運動機能全般を回復させるための治療やアドバイスをしています。

メディカルトレーナーになる方法

メディカルトレーナーとして活動するためには、スポーツ系の学部のある専門学校や短大・大学に進学して専門知識を学ぶ必要があります。
メディカルトレーナーには活動するために必ず取らなければならない資格や免許は特に定められてはいませんが、人の身体を扱う仕事である以上、医療に関する専門知識の習得は必須です。
学校で医療の専門知識を学ぶことで、選手に科学的に根拠のあるアドバイスや効果的なリハビリメニューを組むことができるようになります。

メディカルトレーナーの資格を持つスポーツ分野での仕事内容

専門学校や大学で知識や技術を習得したメディカルトレーナーが活躍している職場は、一般のスポーツクラブや治療院、リハビリ施設が挙げられます。同じメディカルトレーナーでも働く場所や持っている資格によって、仕事内容や選手との関わり方に違いがあります。

スポーツクラブ・スポーツチーム

スポーツクラブに所属しているメディカルトレーナーは一般に来ている人にトレーニング方法やケガの防止についてのアドバイスをすることが仕事です。専属トレーナー契約をしてチーム全体の体力や健康の管理をしているメディカルトレーナーも多く存在しています。
スポーツクラブやチームに所属しているメディカルトレーナーは他のスポーツトレーナーの役割も兼務することが多く、幅広い知識が求められます。

治療院

柔道整復師の資格を持つメディカルトレーナーは整骨院などで治療に当たっています。整骨院での施術内容は、ケガを防止する目的でマッサージやテーピングをすることです。また、専属トレーナーとなって試合のときにはチームに帯同し、応急処置やアイシングを任されている場合もあります。

リハビリテーション施設

怪我をした選手が競技復帰に向けてリハビリテーションをする施設には、理学療法士の資格を持つメディカルトレーナーが所属しています。リハビリテーション施設では、整形外科など医師のいる施設と併設されていることも多く、主治医と連携して選手のサポートをすることが多い職場です。

スポーツ分野で働くメディカルトレーナーが取得している資格の種類

ポーツの分野で働いているメディカルトレーナーの中には、より選手の役に立つために国家資格を取得しているケースも珍しくありません。
国家資格を取得することで、将来性も考えたより明確なキャリアを積めるため、トレーナーとして信頼されやすく長い期間活躍することができます。

理学療法士

29 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事