掲載日:2021年11月27日  更新:2021年12月18日

NEW

フリーパーソナルトレーナーになるには?給料はどのくらい?

「フリーのパーソナルトレーナーになりたい。」と思っていませんか。今回は、「フリーのパーソナルトレーナーになるには、どうしたらいい。」や「フリーパーソナルトレーナーのメリットとデメリットは。」といった疑問にお答えしたいと思います。

「フリーのパーソナルトレーナーになりたい。」と思っていませんか。今回は、「フリーのパーソナルトレーナーになるには、どうしたらいい。」や「フリーパーソナルトレーナーのメリットとデメリットは。」といった疑問にお答えしたいと思います。
早速、解説していきます。

フリーパーソナルトレーナーになるには?

フリーのパーソナルトレーナーとは、パーソナルジムやフィットネスクラブの外部のパーソナルトレーナーとして業務委託を結び、パーソナルトレーニングのお金をもらいます。また、自分でパーソナルジムを作り、働いている方もいます。正社員との違いは、パーソナルトレーニング以外の業務を行わなくてもいいということです。
フリーのパーソナルトレーナーになる方法は、大きく分けて2つあります。どの方法がいいというわけではありません。自分に合った方法を見つけて、実践してみてください。

パーソナルジムで働いてから独立

パーソナルジムに就職、もしくはアルバイトをした後にフリーのパーソナルトレーナーになるという方法です。この方法では、フリーのパーソナルトレーナーになったあとも、パーソナルジムで働いていたお客さんとそのまま契約することができる可能性が高いです。
フリーのパーソナルトレーナーになった後の大きな不安は、お客さんと契約を結べずに収入を得ることができないということです。この方法ではそのような不安を感じずに、フリーのパーソナルトレーナーになることができます。
デメリットとしては、簡単に辞める事が出来ない可能性があることと、働いているパーソナルジムによっては、退職後、何年間開業などを禁止している場合があるということです。

パーソナルトレーナーとしてすぐに独立

自分で勉強しパーソナルトレーナーとして会社に入るのではなく、すぐに独立する方法です。
この方法のメリットは、フリーのパーソナルトレーナーになるまでの時間があまりかからずにすぐに行動することができます。デメリットは、パーソナルトレーナーとしての実力を示すものがなくお客様が自分につくまで時間がかかるため、収入がほぼない期間が存在する可能性あることです。

フリーパーソナルトレーナーの給料はどのくらい?

フリーのパーソナルトレーナーの年収は、200万円~2000万円程度とばらつきがあります。これは、能力が高く人気のパーソナルトレーナーであればレッスンの単価を高めることができる人、人気が出ずにパーソナルトレーニングのレッスンが極端に少ない人が両方いるからです。
フリーのパーソナルトレーナーは、高収入も期待できますが、収入が安定しない仕事でもあります。

フリーパーソナルトレーナーのメリットは?

フリーのパーソナルトレーナーには、大きなメリットがあります。これから紹介するメリットを知って、よりフリーのパーソナルトレーナーになりたいと強く思うはずです。
早速、解説していきます。

自分で時間を使える

フリーのパーソナルトレーナーが行う仕事は基本的にパーソナルトレーニングのみです。正社員として働いていれば、パーソナルトレーニング以外にも清掃や受付など様々な業務を行わないといけません。フリーのパーソナルトレーナーは、正社員のときよりも自分の時間が増えます。
余った時間で、趣味に当てたり、別の仕事をしたりと様々なことができるようになります。

頑張った分だけ収入が上がる

フリーのパーソナルトレーナーは、頑張った分だけ収入が増えます。例えば、自分で頑張ってパーソナルトレーニングを受けるお客さんが増えればその分給料が上がります。
しかし、正社員で働いていれば増えた分のパーソナルトレーニングのお金を全てもらえるわけではありません。会社にいくらか引かれてもらっています。
そのため、フリーのパーソナルトレーナーは、自分の頑張りが収入に直結します。

フリーパーソナルトレーナーのデメリットは?

フリーのパーソナルトレーナーは、メリットばかりでなく、デメリットもあります。
デメリットを知らないで、フリーのパーソナルトレーナーになってしまうとなった後に後悔することがあります。
フリーのパーソナルトレーナーになった後に後悔しないためにも、デメリットをしっかり理解しましょう。

収入が不安定

フリーのパーソナルトレーナーは、パーソナルトレーニングのレッスンの数がそのまま給料になります。つまり、レッスンが増えれば給料は上がりますが、レッスンが0なら給料もないということです。
正社員のパーソナルトレーナーであれば、パーソナルトレーニングのレッスンが0だったとしても、基本給はもらうことができます。そのため収入が0になることはありません。フリーのパーソナルトレーナーは高収入になることもありますが、収入が0の可能性もあります。

自由の時間がなくなる

33 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事