掲載日:2021年06月13日  更新:2022年03月27日

NEW

ヨガインストラクターになりたいけど資格がない場合はどうしたらいいの?

「ヨガインストラクターになりたいけど無資格でもなれるのかな~?」
と思っている方もいるのではないでしょうか。

当記事ではヨガのインストラクターの資格がない方へ、ヨガの資格がなくても働くことができるのかや、資格がない場合のデメリット、どのような資格がいいのかをまとめました。

ぜひヨガインストラクターになりたいけどヨガの資格をお持ちでない方は参考にしてみてください。

ヨガインストラクターには資格がなくてもなれるの?

結論から言うとヨガの資格がなくてもヨガのインストラクターになることはできます。
ヨガの資格は国家資格ではなく民間資格なので、公的資格のように資格がないから人への指導をしてはいけないというものではありません。

実際にヨガの資格がなくても「未経験可」という施設で指導をしているヨガのインストラクターも実際にはいます。

ただしヨガの指導を行える施設で働くうえで、ヨガの資格を取得していたほうがいいのはたしかです。

ヨガの資格を取得できる環境なのであればヨガの資格は取得しましょう。

ヨガインストラクターで資格がない場合のデメリット

ヨガインストラクターとして働きたい場合にヨガの資格を取得していない場合のデメリットを下記3つ紹介いたします。
・お客さんがヨガのレッスンを受講する際に信頼が薄い
・活躍できる場が少なる
・知識が足りないことがある。
デメリットを読んでいただきヨガの資格が必要ないのか参考にしてみてください。

お客さんがヨガのレッスンを受講する際に信頼が薄い

まず1つ目がヨガのレッスンを受講してくれるお客様からの信頼が得にくいことです。

インストラクター側が無資格であってヨガを多く本数受けていたり、ご自身でかなり勉強をしていたとします。
ですが、どんなに勉強をしていてレッスンを受けていたとしてもお客様側からすれば’「本当にこの人大丈夫なの?」という不安がつきます。

公的資格と民間資格では異なるかもしれませんが、医師免許の持っていない医者や弁護士免許の持っていない弁護士にお世話になりたいと思うでしょうか?
資格を持っていることがポイントで、「資格を持っていることで私は勉強しました」という証になります。
お客様が初めてご自身のレッスンを受ける際の1つ不安を取り除くことができます。

活躍できる場が少なる

2つ目が活躍できる場所が少なくなるということです。
フィットネスジムやフィットネススタジオで採用をしてもらい働く場合ですが、書類選考時に取得している資格を見て選ぶ場合が多いです。
最低限資格を取得していないと書類選考時点で落選してしまい、どんなに上手にインストラクションができても落ちてしまうことが多くなります。

上記のことはフリーランスとして業務委託として働く場合にも同じことが言えます。
最近では「未経験可・無資格可」という企業応募もあるようですが、入社後に資格を取得をするようにプログラムを組んであることが多いです。
資格取得のお金も実費になることが多く給料から引かれていく方式をとっていることもあるようです。
それだけ企業ではヨガの資格を取得しているというのを重要視しています。

知識が足りないことがある。

ご自身で勉強して知識を身に着けていたとしても、実際には足りていないことが多くあります。
実際にヨガを指導することができても、ヨガを指導すること以外にも学ぶことは数多く存在しています。

また、ヨガのポーズを知っていたとしても実際には間違ったまま覚えてしまっていることもあり、誤った方法のまま指導してしまうこともあります。
資格取得のスクールでは基本的な解剖学から生理学、インストラクターとしての指導に必要なスキルも教えてくれます。

ご自身が学ぶだけでは足りないようなノウハウまで教えてくれますので、スクール等に通い資格取得を目指すほうがいいと思います。

ヨガインストラクターの資格がない場合は最初どうしたらいいの?

ヨガの資格を所持していない場合に
「資格を調べたけどよくわからない」
「資格取得後どうやって働いているんだろ?」
と最初どうしていいか迷うことも多いかと思います。
その場合にオススメなのがフィットネスジムやフィットネススタジオで働いてみることをオススメします。
「未経験可・無資格可」で募集している企業さんもありますので、このような企業さんに勤め勉強することです。

勤めれば働き方もわかりますし、資格取得までのプログラムまで用意してくれているところもあります。

もう1つの方法としてはフィットネスジムやフィットネススタジオに通いヨガを受け、インストラクターの方に質問をしていくことです。
ご自身の周りにインストラクターの方がいればその方に聞くのが一番かとは思いますが、いない場合には実際に働いている人に聞くのがいいと思います。
取得している資格や働き方はインストラクターにより異なりますので、色々なレッスンを受けて色々なインストラクターに話を聞いてみるといいでしょう。

ヨガインストラクターの資格がなくても働くことのできるヨガスタジオ

ヨガインストラクターとしての資格がなくても働くことのできるを下記の5つあります。
・AMI-DA(アミーダ)
・LAVA
・CALDO
・LUBIE
・LOVIE
各社ヨガが未経験の方にもしっかりとインストラクターとして働くことができるよう研修制度も充実しています。

LAVAでは最終的に資格取得までサポートしてくれますので、資格取得まで考えの方はオススメです。

働き生活のために給料をもらいながらヨガのインストラクターとしての勉強もできるため、一度調べてみるといいと思います。

ヨガインストラクターの資格がない場合なんの資格がいいの?

現在ヨガの資格を取得していない場合や何のヨガの資格を取得しようか迷っている場合には、RYT200(全米ヨガアライアンス)を取得することがオススメです。

理由としては知名度が一番高いヨガの資格であり、全米ヨガアライアンス以外は企業やヨガサービスから独自に開発されたものとなっており、ヨガ資格として十分ではない場合が多いからです。

また、全米ヨガアライアンスの資格を取得して入れば世界70ヶ国で通用するほど有名な資格でもあります。
全米ヨガアライアンスはヨガの資格の中でもアーサナーや解剖学、ヨガ哲学、指導法がバランスよくカリキュラムに組み込まれています。
全米ヨガアライアンスの資格以外は企業に勤めたり、業務委託として契約してもらう際にヨガの資格として認知してくれない場合もありますので、注意が必要です。

ヨガインストラクターの資格がない場合のまとめ

ヨガインストラクターになるうえでヨガの資格は実際には必要はありません。
ただヨガインストラクターとして働くうえで必要なお客様からの信頼や活躍できる場、必要な知識は資格を所持していないと得られない場合が多くあります。

ヨガの資格を取得していなくて迷っている場合には、実際にはフィットネスジムやフィットネスジムでインストラクターとして働きながら学んだり、個人でヨガに通いながらインストラクターの方から教わるのがいいです。

ぜひヨガの資格を取得して活躍の場を広げてみてください。

20 件中 1-20

  • 1

新着

同じカテゴリの記事