掲載日:2021年11月20日  更新:2021年12月19日

NEW

パーソナルトレーナーになるには資格は必要?結論、なしでもOKです

パーソナルトレーナーに資格は必要なのか・いらないのかについて詳しく解説していきたいと思います。
また、パーソナルトレーナーに必要な能力についても触れていきます。

パーソナルトレーナーは、能力次第で高収入を得ることができる職業です。
また、健康関連業界が伸びていく中で、フィットネス業界も伸びてくると言われています。
そのようななか、「パーソナルトレーナーになりたいけど、資格が必要なのか?」と悩んでいませんか?
この記事では、パーソナルトレーナーに資格は必要なのか・いらないのかについて詳しく解説していきたいと思います。
また、パーソナルトレーナーに必要な能力についても触れていきます。

パーソナルトレーナーは資格なしでもいいの?

パーソナルトレーナーは、資格なしでも問題ありません。
資格がないパーソナルトレーナーもたくさん業界にいます。
つまり、パーソナルトレーナーの能力さえ高ければ資格はなくても、生活していくことは可能です。
資格がなくても問題がない理由を詳しく解説していきます。

資格の評価は会社に入るまで

パーソナルトレーナーの資格には、NSCA-CPTや日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーなどがあります。
実際このような資格を持っていると、トレーナーとして高い知識・能力があると評価され就職しやすくなります。
しかし、就職後は「○○の資格を持っているから」と評価され給料があがることはほぼなく、お客さんの評価か高く、お客さんと契約を結ぶ可能性が高い人が評価されます。
つまり、就職後の評価で大事なのは、資格ではなくお客さんからの信頼感であったり、パーソナルトレーナーとしての知識や技術であったりします。
どれだけいい資格を持っていても、パーソナルトレーナーがお客さんと契約できないと会社はお金を稼ぐことはできません。
そのためパーソナルトレーナーとして生活していくには、資格が重要ではなく、お客さんと契約する可能性が高いかどうかが重要です。

お客さんは資格をみていない

お客さんは、パーソナルトレーナーを選ぶ時に資格はほぼみていません。
病院に行くときに、お医者さんがどの学会に所属していて、どんな実績があるかはみていない人がほとんどだと思います。なぜなら、どの学会や業績がすごいことが分からないからです。
お客さんがパーソナルトレーナーを見る時も同じで、プロフィールに○○資格取得と書いていてあってもどんな資格か評価することができません。
お客さんがパーソナルトレーナーを評価する時は下記のことを見ていることが多いです。
・ネットの口コミ
・お友達からの評価
・話しやすさ
・トレーニングの説明の上手さ
このようなことの評価が高ければ、資格がなくてもお客さんとの契約を結ぶことができ、高収入を得ることができます。

資格なしでもいい!パーソナルトレーナーに求められる能力は?

ここまで読めば、パーソナルトレーナーは資格はいらないということが分かったと思います。
しかし、誰でもパーソナルトレーナーとしてし高収入を得ることができるわけではありません。
そのためここからは、パーソナルトレーナーとしてしっかり収入を得る為に必要な能力について詳しく解説していきたいと思います。

カラダ・トレーニング・食事の知識

カラダ、トレーニング、食事の知識がとても大事です。
資格が必要ないと言っても、パーソナルトレーナーとして必要なカラダ・トレーニング・食事の知識がなくていいわけではありません。
このような知識がないと、ダイエット指導やボディメイクの指導をすることができません。
お客さんの目標を達成することができないとお客さんの評価を下げてしまいます。

コミュニケーション能力

このコミュニケーション能力はパーソナルトレーナーの中で最も大事です。
お客さんに知識やトレーニング方法を分かりやすく伝える必要があります。
どんなに素晴らしい知識があっても、お客さんに伝えることができないと意味がありません。
つまり、コミュニケーション能力が高くないとお客さんの目標を達成させてあげることができません。

実践能力

どんなに知識があっても、自分で実践できていないと意味がありません。
正しいダイエット方法を知っていても、パーソナルトレーナー自身が太っていたらお客さんは信頼してくれません。
また、正しいトレーニングフォームを知っていても自分自身が正しいトレーニングフォームを出来ていないとダメです。
そのため、自分の学んだことをしっかり実践して自分のモノにしていくことが必要です。パーソナルトレーナーは知識だけでなく、実践能力もとても大事です。

パーソナルトレーナーになりたいと思ったら、資格なしでとりあえず現場で働いてみよう

パーソナルトレーナーは知識だけでなく、現場での学びもとても大事です。
なぜなら、座学の勉強だけでは得ることが出来ない経験が現場にはあるからです。
そのため、現場で働きなからパーソナルトレーナーとして能力を高めていくことが大事です。
知識や資格がなくても、今すぐに働くことがおすすめです。
アルバイトからでもいいので、始めてみましょう。

知識は実戦でついてくる

現場で働いていると色々な疑問が生まれてきます。
例えば、なんであんなトレーニングをしているのか、痩せたいお客さんはどんなトレーニングを指導されているのかなどです。
このような疑問を解決するために、先輩パーソナルトレーナーに質問してみたり、自分で本やネットで調べたりします。
そうすると、どんどん知識が増えていきます。
独学で勉強するよりも新たな疑問が生まれやすく、勉強もしんどくならないことが多いです。

フィットネスクラブやパーソナルトレーニングの会社には独自の研修もある

24 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事