掲載日:2021年03月24日  更新:2021年03月24日

NEW

パーソナルトレーナーになるには?仕事内容から資格まで紹介

パーソナルトレーナーについてご紹介いたします。

パーソナルトレーナーになるには?資格を取る前にパーソナルトレーナーって何?

パーソナルトレーナーといえば、みなさん何を思い浮かべるでしょうか?
ジムでトレーニングをしているトレーナーさんなどが多いのではないかと思います。
今回は、そんなパーソナルトレーナーについてご紹介したいと思います。

パーソナルトレーナーは、マンツーマンで指導を行います。カウンセリングから今の健康状態や食生活などの生活習慣を把握し、お客様の目標に合わせてトレーニングメニューを作成します。

プロのアスリートから、ジムに来る一般のかたまで、幅広く指導していきます。
そんなパーソナルトレーナーなるにはどうしたら良いのでしょうか?
資格は必ず必要なのでしょうか?
そんな疑問を詳しく説明していきます。

パーソナルトレーナーとして仕事ができるようになるには

パーソナルトレーナーとして仕事をしたい場合、必ずしなければならないこと、というのは特にありません。
自分がパーソナルトレーナーだと言ったその瞬間からパーソナルトレーナーなのです。
とはいえ、基本的な知識や運動の知識などがなければ集客をすることはできないでしょう。
マンツーマンで指導をするということは責任も大きくなりますし、なにより安全かつ効果的にトレーニングしてもらうためには何も知らない状況では到底できません。
ですので、パーソナルトレーナーになるには、実績や経験を積み、知識を身につけてから仕事をする人がほとんどです。
ジムの社員として入ってから、少しずつトレーナーとして経験を積み、パーソナルトレーナーになる人もいます。
もしくは資格を取得して、学びながら必要な知識と実践を積む方法が多いです。

パーソナルトレーナーになるにはどうしたらいいの? 資格が必要?

先述したように、パーソナルトレーナーになるには特別な資格などは必要ありません。
しかし、正しい知識と基礎を身につけ安全な指導をするために資格を取得する人がほとんどです。

そして、指導を行うなかで大切なのが信頼関係です。信頼してもらえる目に見えるスキルとして資格をもっておいたほうが良いと言えるでしょう。
資格によっては日本のみならず、海外でも認められている資格もあるので、将来的に世界で働いたいと考えている人にもおすすめです。

パーソナルトレーナーの資格の種類は?

パーソナルトレーナーに必要な資格は本当にたくさんあります。
運動や健康に関する資格は多岐にわたるので、自分が活動する場所に合わせて必要な資格を集めていきましょう。
国家試験では理学療法士やあん摩マッサージ指圧師などを取得している人も多くいます。
マッサージという医療行為を行う際には、このあん摩マッサージ指圧師の資格がないと基本的に行ってはいけないことになっています。
パーソナルトレーナーとして、マッサージは必要な過程なので取得するひとも多いということです。
そんな中でも、パーソナルトレーナーが取得している主な資格をご紹介します。

健康運動指導士

健康運動指導士は、保険医療機関と連携つつその人の生活、体力にあわせて安全で効果的なトレーニングメニューを作成します。
生活習慣病を予防したり、健康水準の保持、促進に貢献することができます。

健康運動指導士になるには、講習会を受講する、もしくは認定試験に合格する必要があります。

講習会を受講できる条件は、以外のとおりです。
・体育系短期大学又は体育専修学校(2年制)あるいはこれと同等以上の学校を卒業している人(卒業見込み含む)
・3年以上運動指導に従事した経験のある人
・運動指導に関連する資格を有する人
・保健医療に関する資格を有する人
・学校教育に関する資格を有する人

健康運動実践指導者

健康運動実践指導者とは、公益財団法人健康・体力づくり事業財団による民間資格です。
この資格は、積極的な健康づくりを目的とした運動を、安全かつ効果的に実践指導できる能力を有すると認められた証です。

健康運動指導士と似ていますが、試験の内容が少し異なり、健康運動実践指導者のほうがより難しい内容となっています。

NSCA-CPT

NSCA-CPTの資格は、アメリカで設立されたNSCAの資格のひとつで、パーソナルトレーナーとして活動するときに、役に立つ資格です。
専門的な知識と能力をもち、トレーニングプログラムを組み、トレーニングの指導を行えるという証明になります。

NSCA-CSCS

CSCSはCPTと比べると難しく上位資格となり持っている人もCPTよりも少ないため、希少価値は高いです。
この資格は一般的に広く指導するCPTとは違い、アスリートやプロの団体などへの指導を行います。
プロチームなどと契約して仕事をしたい人はこちらの資格の取得をおすすめします。

パーソナルトレーナーに求められるスキルは?資格を持って活躍できるようになるには

資格をもっているということは、お客様からみて、目に見える安心材料です。
信頼できるという、ひとつの証拠になります。
しかし、指導を行うなかで必要なのは信頼関係です。
ここからはパーソナルトレーナーに必要だと思われるスキルをご紹介します。

安心安全の知識

35 件中 1-20

新着

同じカテゴリの記事